補聴器専門外来のご案内

 補聴器適合判定医・補聴器相談医による補聴器診療
言語聴覚士、​補聴器認定技能者と連携して行っています

超高齢社会になり補聴器を必要とする人がたくさんみえます。補聴器は様々なところで販売されていますので誰でも簡単に購入できますが、本来は個々の聞こえや聞き取りの程度を検査して、使用環境にあった補聴器を選択しないと、購入しても補聴器本来の機能を発揮することはできません。高い価格の補聴器が良く聞こえる訳でもありません。それぞれの聞こえにあった補聴器を合わせることを補聴器適合検査(フィッティング)といいますが、フィッティングが上手くいかないと不快に音が大きく聞こえたり、あるいは、響いたりしてしまい、補聴器をかけることによりかえってうるさく感じることもあります。買うべき補聴器の選択と買う補聴器の調整が最も重要です。

補聴器は、種類がたくさんあり、その中から自分にあった補聴器を選ぶのは大変です。軽度難聴者で会議などでの聞き取りにくい時だけ使う方、中等度難聴者で外出するときだけ使う方、高度難聴者で一日中使う必要のある方など、使う環境や聴力によっても使用する補聴器は違います。また、その環境でよりよく聞こえるように補聴器を調整する必要があります。

コミュニケーション障害を改善させるのは補聴器だけではありません。高度難聴者への補聴器以外の聴覚支援システムの紹介や、日常生活での家族や周囲の人たちとのコニュニケーションのあり方の指導も、とても重要な医療です。当院では、補聴器と補聴器以外の支援もご相談いただけます。

補聴器は普通の大きさの声で話される会話が聞き取りにくくなったときに、はっきりと聞くための管理医療機器(※)です。遠く離れた音や特別に小さな声を拡大して聞くものではありません。

 どの程度の聴力になったら補聴器を使えばよいかは、その人の生活によって異なります。自分が日常の会話で聞き取りにくいことが多くなったと感じたり、重要な会話が正しく聞けないと感じたら補聴器を使うことを考えてください。下の「聞こえチェック」であてはまる項目のある方は、ご相談ください。

きこえのCHECK

ご自身、周りの方で気になる症状の方はいらっしゃいませんか?
“耳の聞こえが今までと違う”という方は一度チェックしてみてください。
□ 聞き返すことが多い
□ 聞き間違えが多い​
□ テレビの音量が大きくなってきた(家族にテレビの音が大きいと言われる)
​□ 話し声が大きいと言われる
□ 会話が聞き取れないことがある
​□ 電話で相手の声が上手く聞き取れない
□ 自分の名前を呼ばれても気づかない
​□ 家族に聞こえが悪いと指摘される
​□ 車が近づいていることに気づかないことがある
上記のチェック項目で当てはまる項目のある方は、
一度耳鼻咽喉科を受診し聴力の評価をお勧めいたします